注目される技術集約ボルト

ネジとボルト

ナットと組み合わせられる締付具のボルトは、頭部形状が六角になっています。そのため、ボルトの締め付けを行う際にはソケットレンチを用いる必要があるのです。近年では、従来のボルトの形状とは異なった新しいボルトが開発されました。そのボルトはキャップボルトと呼ばれています。キャップボルトは、多くの事業から技術集約ボルトと呼ばれるほど機能性に優れたものとなっています。その特徴として、頭部形状が六角ではなく六角穴を備えたものになっているといった点があります。六角形状ではなく、六角穴を採用したことによるメリットというのは、使用する工具が変わることによって理解することができるはずです。
キャップボルトの締め付けを行う工具というのは、六角レンチと呼ばれるものになります。六角レンチは六角穴に差し込んで回転される締め付け工具です。では、従来のボルトに用いられるソケットレンチと、キャップボルトの締め付けに使用される六角レンチでの機能性の違いについて知っていきましょう。従来のボルトにおいて、ソケットレンチを用いた締め付けを行なう際には、ソケットレンチをサイドからボルトに固定する必要がありました。その固定を行ないためには、ボルトとボルトの間隔を空けなければなりません。それに比べ、キャップボルトの締め付けに関しては六角穴に六角レンチを差し込んで行われるため、ボルト間に無駄なスペースを設ける必要はありません。ボルト間のスペースが狭くなることで、機械・装置をよりコンパクトにすることができるのです。