ねじ通販サイトのメリット

パソコンを触る人

締付具の発注が必要となる事業において、その発注をねじ通販サイトで行なった際には様々なメリットを得ることが可能です。例えば、希望の商品を様々な条件から簡単に検索することができるようになるのです。

More Detail

紙媒体カタログのメリット

カタログ

ねじの発注手段の一つとして、紙媒体のカタログを利用するといった手段があります。紙媒体のカタログよりもインターネットを利用した方がいいように感じる人もいるかもしれませんが、紙媒体には特有のメリットがあるのです。

More Detail

ボルトやナットの基礎知識

ねじ

ボルトという締付具は、ナットと組み合わせることで使用されます。ボルトの頭部は基本的に六角になっており、ソケットレンチで締め付けを行ないます。ナットは、ボルトの締め付けを十分なものにするために組み合わせられるのです。事業者が利用するボルトやナットには様々な種類のものがあり、多くは用途に合わせて使い分けられます。例えば、精度による使い分けがあります。精度の粗いボルトであった場合の用途というのは、建設工事や据付け等の汚れやすい環境で主に使用されます。精度が中程度に良いものであれば、機械や器具、構造体の部品接合部締め付けに使用されるでしょう。高精度なものは、どういった用途においても利用することができますが、値段が少々高価になります。また、締め付け強度の安定性はバツグンです。
ボルトを選ぶ際には、組み合わせるナットについても考えなくてはなりません。ナットを選ぶ際の基本は、ボルトと同質であるというものになります。同じ材質であることで、お互いの接点を傷つけることなく十分な締め付け強度を発揮することができるのです。また、ナット自体にも強度が存在します。それらの強度からナットを選ぶ際には、ボルトの保障荷重応力について知る必要があるでしょう。もし、締め付けを行う部品接合部の重量が使用するボルトの保障荷重労力を上回るものであったならば、ナットの強度はそれを補うものでなければならないのです。それらの条件から最適な組み合わせのものを揃えた際には、締め過ぎないように注意しましょう。締め過ぎてしまい強い力が掛かってしまうと、締付具のどちらか若しくは両方が破損してしまう可能性があるのです。ボルトとナットは縁の下の力持ちとも言えるでしょう。

注目される技術集約ボルト

ネジとボルト

キャップボルトと呼ばれる新しいボルトは、技術集約ボルトとも呼ばれています。このボルトの特徴は、頭部形状に六角穴を採用しているという点にあり、六角穴を採用したことによってボルト間のスペースを狭めることが可能となるのです。

More Detail